書の道

宗教を超えて

リハビリに

書の役割大きい

教える基本有り

 

字で今の心

見抜ける

師範

字がうまく見えない

人 いそう

心に

赤の直し 要

師範 教える基本

自分の字

好き、嫌い

嫌いな方がよいか

一回ぐらいは、めげているか

諦めている方が教えられる

人の字

子供の方が上手く見える

自信なくす

いつもしていると

尚、字に自身なし

理由 宗教越えるため

もっと実用的に

動物 書ける

AI 書道 難

障害の方が先生の教室に学んでほしい

師範

マレーシア で書芸展

日本の大学 協力