なんで僕に聞くんだろう

作者 幡野宏志さん 幻冬社 死を見つめての質問と答え 写真家 芸術家 写真に思い有り。 自分の病気の加害者 被害者の思い 只々 自分の病気 重い重い話 お節介要らない 説教いらないとの事 悪者のまま 良い方向に病気いかない。 総勘文抄 死を見つめる 自分か…

心の師

特に浄行菩薩自身であれば、心の師は、可能 発心で証明は、可能かも 四菩薩生まれる 悪知識も善知識を証明の為 ホッシャクケンポンの為 経験する事を 自分の病気の説明 難。 他人の方 大きな誤解多い 狂う、発狂する。 化物になる事でない。 頭の回転が早く…

老の教授証 厳しい研鑚 アシャラの如く 誓願へ

世界に示せ 人道 世界の大学への思い ロシアから恩師 教育から始まる 五老僧の後生の為 医学部ない 教授証、馬鹿にされる先の価値 懲りない善人の先 只々 恩師に感謝 誠実に 善人 命懸け 常に命懸け 人間性 命懸けの先 示せる。 良い質問、良い答えを 女性の…

無明を晴らす

AI 現実には、想像の中 まだ、始まったばかり 映画の世界 何故か 現実になってきている。 戦争 戦争体験者 無明の怖さ知る いつの間にか マインドコントロール。 空爆始まる 自分の病気 マインドコントロールの戦い 食べるもの、健康よりも居場所 自分の存在…

寛容 女性を利用しない

メディア論 実は細かい対応の先 ずっと女性の方を讃え続けたら上手くいく 寛容、男女のバランス取る必要ない オリンピック開催 女性を讃え続ける 要 男性が責任を持って 寛容 世界から教わるべき 現実の成仏の眷族 圧倒的に女性の時 僧 初めから宿題 龍の目…

讒言に対して事実しかない

答えは一つしかない 心の中に全て有るから そう法に落ちない 要 今、原因結果が、出ている 魔王狙う マインドコントロール 讒言どうするか 人間不信に多くの方なる 人間じゃない でも同じ人間 そう法に簡単に落とす 破壊は、一瞬 それでも、出来る事多い 諦…

メディアから始まる 責任逃れ

中国の責任は、ない クルーズ船の問題 メディアの責任逃れ始まる。事実だけで良い 自分の感情 要らない 自分以外に責任 どれだけ持てるか 只々只々人間性 責める事は、簡単 ある意味 責任逃れ 悪口簡単 自分以外に自分に責任持つ事 難 寄り添うしかない 視聴…

コンサート

最初の一回に全力を アイドルグループ 名古屋 方針変えて 一回で終わる可能性大 市川文化のコンサートも最初に全力を 後は難しいかも 止める事できないも言うべきかも。 放送 何だけは必要も コロナウイルス広がる原因 休めない 自分しか変わりいない 中小企…

危機管理の限界

脅し 魔王の本質を知らないで 危機管理に難 元恩師 倫理学で、老 済む 宗教の本質 反対の目的 危機防ぐ 管理しない 自立型目指す。 全て自分の心の中にある 無明晴らす。 信心 学問 勉強の仕方教わる。 頭に汗を一番かく 一番 苦労してきた学問 哲学、倫理学…

気候は、沖縄が先行する

コロナウイルス 沖縄の様子で予想する事に 前回のパニック 踏まえて プロ野球も、沖縄で盛り上がる。 広がる事を、遅くする事 大事 チェーン展の食べ物屋さん 今までと同じで 従業員が風邪で休業しないはず 同じでは 自分達で考えて

友人にお節介

ばち論で広宣流布できるの バチが当たった 言わないが 全部言った自分に返ってくる これで 全ての方が、幸せになれるの 価値あげなければ 始めはいいが 悲しい事では 一闡提人 現象でない それでも幸せになる実証示している バチ論でない 裏返しでもない 思…

将棋

自分の病気 一人将棋 NG 将棋のソフト 解決に見えるが プロ棋士 AIソフトのマインドコントロールの打破 囲碁は、ソフトのマインドコントロール どう超えて行くか 将棋 自分の負け筋 マインドコントロールを抜けるか 現実に一手指す 強い棋士 気が付いている …

朝の散歩を

日の出の散歩を 犬の散歩 十分警戒も杖ぐらい持って 交通事故に遭わないように 認知行動 転ばないように 漫画 世界の漫画へ 気になる漫画 キメツノヤイバ 鬼の話 善鬼、悪鬼 コロナウイルス 命を奪えば悪鬼 随分小さい 寿命 地球の誕生の半分の長さも 働き …

身延と御義口伝

弟子の為 老の教授証の価値 一人の師への 求道心と双方向 生涯学習に必要なものの半分 後の半分実証的 うまく行っても うまく行かなくても 自分の心には素直に 師を間違えない 魔王狙う 注意 元恩師 経済的危機に 恩師の質問に師は、変わらず。 恩師は、善人…

善人側が問われている

全て心の中にあるから人間性の発揮が要 悪人だらけ 何が正しいか 人間不信 世の中 確かに経済的 お金の価値 高めれば 今まで済んだ。 今、教育からの価値 悪いこと 生きる為に何も教えなくても学ぶ。 ニンゲンの社会 多様性の価値へ 自然界、地球 多様性 維…

新しい仕事、職種 創出

労働者の視点 多様性の時代 イジでも創り出す 社会に流れ早い 世界の中での考えも 自分を見つめる冷静な自分必要 哲学ないもの 自分で考える 自立型でないもの 混乱するだけ 自分が損 但し 目と耳を塞ぐ 一人で生きていけない 最悪。 自分の看板上げて 価値…

レジェンド・オブ・スウォーズマン

アカデミー賞 韓国、中国 台湾、香港、日本 裏方の脚本他 価値が上がる。 モノカキさん 世界の変化 先取り 中国ドラマ やたらに剣法 日本では兵法 気になる 面白い 韓国映画、台湾映画、香港映画に教わる。 昔からインド映画 庶民が主役 ヨーロッパの哲学も…

コロナウイルス

日本人の弱点見える 蓮の部分 肺の機能へのダメージ 深刻 どうしても自分の事にならないと 本気にならない 病気に自分がならないと動かない 外国の方 同苦出来る その先 寛容 責任感 ここから日本人 他人まで、自分で、できる責任広げる 要 寄り添う事 今、…

結婚相手の職業

恩師の獅子吼 まだ、自分の病気だけ 原因、宗教のため お抱え宗教 結婚利用 目立つ 僧 パートナー 難 弱点に 普通の人間として 永遠性 IT系だけ 職業柄 兄弟に障害者 男に慈悲教える事 多い 女性の時代 アフリカの時代に大きな意味 人間性 子供を育てる 価値…

トリチュウム

人間の道徳心に対して何かが酔っているように働くか 人間の動物的、本能が、行動に特質している 健康でない状態 自然の現象の異常のせい 御書 依正不二 国連 早い対応望む 日本の国会の論争 的外れ 三毒 充満 イカリ 無明晴らせ 主側 異常 戦争での解決 無明…

記念日

二冊 大切な読書 麦本三歩の好きなもの 著者 住野よる 幻冬社 科学的な適職 著者 鈴木祐 インプレス社 日本語 先ず国語力 若い方、ないと就職 難 ハンディ有れば最初から 嘘 苦しい。 漢字先ず、何個か覚えられる 著者 何が言いたいのか 一行でいい 自分で考…

学習障害

高校に行く意欲有れば 今は、可能な事が多い。 自分の事 シラバス 出来る事 又はできなかった事 自分の良いところ 両親、同級生に聞いておくべき。 自分の病気も 今、常に自分の説明 食べる事より居場所探し 生活の居場所 職場も居場所でないと辛い。 同じ思…

プログラム教育

プログラムの教育を見ていると 新しい発見が多い 使う側から 作る側の入り口を目指せる 失敗の連続でも 楽しいと感じられれば 共通の作る側の入り口 作りあげるものも 新しい価値観 仕事は、今までは AIで減る感覚あるが もしかするとAIで職種 圧倒的にに増…

御義口伝講義 教授、教えを授ける意味

御書 同意 その通り、その通り 信心と了解 一番大事な事 思い出す 心の中に全てある 三世の生命 誓願へ 食物三徳御書 高橋殿 4代か。 会長の後生 揃うか。 恩師の弟子、後継 発心 有りか。 橋渡し。 未来会。 今、食物 自己実現超える 自尊心超える 人の前…

世界の流れは、自立型へ

コロナウイルスの隔離 心の自由奪う いくら分断方向に見えるが 心の自由 奪えない 隔離は、治すため 拡がらないため 国を超えて助けないと 自立型 自覚できない心 パニックになる心 自由奪われた。 人間性が、必要 自分の事になると 話は違う 自他共にの自 …

船長のSOSには、無償でも救助

島国の魂 観光の前は、経済の中心の一つ 何も資源ない国 漁業 魚、日本だけで育たない 大海で育つ 今は物流の要 船 常に危険。 パニックになる前に。 鎌倉時代の元寇。 江戸時代、奴隷の国にならなかった。 維新 第二次大戦後、東西に分裂されなかった。 島…

うらみ

極悪 顕へのうらみ 如の心の財へ 世の中のうらみ 大変激しい 全て向かう メキシコの国境の壁 資本主義と共産主義の壁でない 何の壁 悪人と善人の壁 悪世末法 日本 壁作られなかった 被爆国 核兵器使うもの覚悟必要。 人が使うもの 何故、仏法 母親を泣かすも…

トリチウムのあだちさん

これからわかる事 トリチウム 島国の小さいところに 多すぎ どうしても気になる。 地球自体が嫌がっている。 地球で作られることに問題か。 宇宙空間では、もっと嫌がられるか。 日は、諸天の働き 宇宙空間も 恩師の獅子吼 諸天の働き 宇宙の火柱 海の波 地…

総勘文抄

弘安二年十月 冨木殿 養子を育てる 日頂と日澄を育てられる。 子供は、親の為に生まれて来る。 宿業を解決する どんな子供でも 三世の生命で 仏の目には 必要な時には、日記 必要な時は、思い出せるもの 心の中に全てあるから。 自閉症の子 讃える 大きな意…

御義口伝の講義 2日間の大切な講義

1962年8月31日 恩師の第一回 学生部への御義口伝講義 真剣勝負 原田会長指導 御書 日記文章 全て心の中にある。 どうしても対局のマインドコントロール気になる 発心 マインドコントロール 一人立つ精神の対局 今の教育 マインドコントロール 否定す…